桐蔭学園 図書館総合目録
Toin Gakuen Library
 





    詳しい開館時間はこちら
 
 
 
 
 

モバイルからアクセス

スマートフォンOPAC
こちらからどうぞ!

携帯電話用Web-OPACは
こちらのQRコードからどうぞ!
 
 

連絡先

 桐蔭横浜大学
 大学情報センター[図書館]

  〒225-8503
  横浜市青葉区鉄町1614
  TEL:045-974-5092
  FAX:045-974-5093
 

図書館利用案内

図書館の利用方法


(1)大学情報センター開館時間

大学情報センター
(大学図書館)
9:00-21:00(月-土)
9:00-17:00(日・祝)
貸出・複写は18:45まで
日・祝は閲覧利用のみ

(2)学内の他図書館の開館時間
学園第2図書館
(男子高校3階)
7:00-19:00 (月-金)
7:00-17:00 (土曜日)
大学生も利用できます
メモリアルライブラリー
10:00-17:00 (月-金)
10:00-14:00 (土曜日)
大学生も利用できます
・学園第2図書館、メモリアルライブラリーとも日曜・祝日は閉館です。
展示会開催中、メモリアルライブラリーは 17:30 まで開館します。(月-土)

(3)入館方法

・図書館の利用には学生証・身分証が必要です。必ず持参してください。図書館入口の入館ゲート右側のスリットに学生証と通すとゲートが開きます。
・学生証を忘れたときは、入口ゲート脇のチャイムを鳴らして係員にお知らせください。当日のみ有効の利用カードを貸与します。


(4)利用資格

・本学学生

・本学園高等学校生徒
 (中等教育学校後期課程を含む)
・本学園教職員
・本学卒業生
 (旧工業高等専門学校の卒業生を含む)
・本学園高等学校卒業生
 (卒業後も大学進学を目指す受験生に限る)
・生涯学習講座受講生、本学の主催する公開講座等の受講生
・その他特別に利用を認めた者
・学外の方は、右のご案内をお読みください。(学外の皆様へ

(5)館内閲覧

・各閲覧室の資料については、書架から自由に取り出して読むことができます。資料を利用した後は、必ず書架の元の位置に戻してください。

・図書館の利用方法や資料の調べ方など、カウンターにてお気軽にご相談ください。

(6)退館時の注意

・退館の際は出口ゲートをそのまま通過して下さい。

・図書館の資料は、無断で館外へ持ち出せないようになっています。借り出したい場合は、必ず貸出手続きをしてください。

・出口の装置が警報を発したときは、係員の指示に従ってください。

 

資料の貸出、複写(コピー)


受付時間  9:00‐18:45 (月~土)

(1)資料の貸出し

・図書館の資料を借りるには、学生証・生徒証が必要です。教職員は身分証明書が必要です。

・借りる図書に学生証を添えてカウンターにお持ちください。貸出手続きを行い、返却期限日(下記)を押印します。貸出手続きをとらず、資料を持ち出すことはできません。

(2)貸出冊数、貸出期間(大学情報センター)

・各種事典や辞書、六法などは館内で閲覧してください。貸出のできない資料には背表紙に「禁帯出」、「館内」のラベルを貼っています。

・夏期休暇期間については長期貸出制度があります。詳細は館内の掲示を確認してください。(夏期休暇前に掲出します)

図書利用区分貸出冊数貸出期間貸出の更新
学部生・高校生5冊まで2週間更新1回可
大学院生
非常勤教職員
20冊まで4週間更新1回可
 専任教職員40冊まで24週間 
視聴覚利用区分貸出本数貸出期間貸出の更新
学生・教職員3本まで2週間更新1回可 
高校生館内視聴のみ
雑誌 学術(教職員のみ特別貸出可)大学生は教員責任のもと可
(要、指導教員印)
一般当月号貸出不可 
当月号以外 貸出可(1週間) 

(3)貸出期間の延長(更新)

・学部生、高校生については、他の利用者が予約していなければ、図書の貸出期間を2週間延長することができます。返却期限内に、貸出期間を延長したい図書と利用者カードをカウンターに持参して手続きをしてください。

・大学生は、オンラインサービス(個人認証機能)により、図書館ホームページからも更新申込みができます。

・本人が他の資料を延滞中、または、貸出停止期間中の場合は期間延長ができません。

(4)貸出しの予約

・利用したい資料が、他の利用者により貸出中の場合は、予約ができますのでカウンターまで申し出てください。返却され次第、メールにてご連絡します。

・予約資料はカウンターにて1週間取り置きをします。1週間以内に引き取りに来ない場合、キャンセルとみなします。

・大学生及び大学専任教職員は、オンラインサービス(個人認証機能)により、図書館ホームページからも予約申込みができます。

・本人が他の資料を延滞中、または、貸出停止期間中の場合は予約ができません。

(5)資料の返却

・借用中の資料は本人が責任をもって管理してください。紛失や延滞の原因になりますので、又貸しは絶対にしないでください。

・資料は返却期限内に図書館の総合受付カウンターまで返却してください。図書館通用口横のブックポストに投函しても結構です。

・返却手続きをせず、書架に直接戻しても返却したことにはなりません。

・借用中、または、閲覧中の資料を紛失、破損、汚損したときは、すみやかに申告してください。原則として、同じ図書により弁償していただきます。

(6)延滞時の罰則

・返却期限に遅れた場合には、返却日の翌日から起算して、(延滞冊数) × (延滞日数) の期間、貸出しを停止します。

・また、資料を延滞している場合、新たな貸出しはできません。

(7)文献複写

・「複写申込書」に記入のうえ、係員の了解のもとで、コピー室(2階・カウンター隣)のコピー機を使用してください。

・利用時間[プリペイド]いつでも利用できます。/[現金払い]9:00-18:45(月-土)

・料金:1枚10円(500円、1,000円のプリペイドカードあり)

・プリペイドカード販売:9:00-18:45(月-土)、夜間・休日は販売しません。

・修士論文については、著者の許諾を得ているものを除き、複写できません。

・著作権法第31条(図書館等における複製)の規定により、図書館にて複写物を提供できるのは下記の範囲内のみです。

- [複写目的]:利用者の調査研究のためであること

- [複写対象]:図書館の所蔵資料に限ること(持ち込みのノートなどは複写できません)

- [複写部数]:一人につき一部のみ

- [複写範囲]:著作物の一部分(半分以下)のみ(全体のコピーは不可)ただし,定期刊行物に掲載された論文については、最新号を除き、個々の論文全体を複製することができます。

 

その他のサービス


(1)各種の利用相談(レファレンス)

・図書館の使い方や資料の探し方がわからないときなど、資料に関することは、どうぞお気軽にご相談ください。

・希望の資料が当館にない場合、他図書館への利用紹介状を発行できます(学部生以上)。


(2)横浜市内大学図書館コンソーシアム

・本学図書館は「横浜市内大学図書館コンソーシアム」に加盟しています。学生証又は大学発行の身分証明書を提示し、手続きをすることで、加盟各図書館の館内利用ができます。

・手続き方法は各館によって異なり、紹介状が必要な図書館もあります。また、利用時期等に制限がある場合もあります。詳しくは図書館カウンターにてお訊ねください。
- [相互利用可能] 神奈川大学図書館、関東学院大学図書館、國學院大學たまプラーザ図書館、鶴見大学図書館、東京都市大学横浜キャンパス図書館、明治学院大学横浜校舎図書館、横浜国立大学附属図書館、横浜商科大学図書館、横浜市立大学学術情報センター

- [紹介状が必要] 慶応義塾大学日吉メディアセンター

- [女子学生のみ利用可] 東洋英和女学院大学図書館、フェリス女学院大学附属図書館


(3)神奈川県内大学図書館共通閲覧証(神奈川県図書館協会)

・神奈川県内大学図書館共通閲覧証により、県内の大学図書館を訪問、閲覧することができます。共通閲覧証の発行はカウンターにてお申し込みください。

・なお、利用に制限のある大学図書館もあります。詳しい利用条件については、神奈川県図書館協会ウェブサイト(会員館一覧:相互利用マニュアル)で確認してください。


(4)学生用図書の購入申し込み(リクエスト)

・学生用図書として、本学学生(大学院生を含む)の学習及び研究に資する図書の購入希望を受付けます。備付けの学生用図書購入希望申込書をご記入の上、カウンターにてお申し込みください。

・購入できない資料もありますので、申込みにあたっては申込書裏面の注意事項をよくお読みください。

・大学生及び大学専任教職員は、オンラインサービス(個人認証機能)により、図書館ホームページからも購入依頼ができます。


(5)館内閲覧整備の利用について

・個人用閲覧席(キャレル):学習に集中できる個人用閲覧席を各階に用意しています。ノートパソコンを使用する場合は、個人用閲覧席にて使用して下さい。
・情報検索用パソコン(2階・13台):聞蔵IIビジュアル、ヨミダス文書館、J-DreamIII、電子ジャーナルなど(大学生以上)

・AVコーナー(2階):スポーツ分野を中心としたDVDを所蔵、AVコーナーで視聴できます。(所蔵資料に限る)

・研究個室(1階):教職員・大学院生のための研究スペース(4室)です。当日に限り利用できます。利用申込みは、2階カウンターまで。

・グループ閲覧室(B1階):図書館資料を用いたグループ学習のための閲覧室です。複数人でご利用ください。ゼミ等でも利用できます。利用申込みは、2階カウンターまで。   

・利用対象:大学生(学部生・大学院生)、教職員

・利用時間:3時間まで(延長可)

・飲食及び喫煙は一切禁止です。また、談笑の場ではありません。周囲の迷惑とならぬよう、話し声の大きさには十分注意をしてください。グループ閲覧室、特別閲覧室、研究個室、AVコーナーについては、休日は利用できません。


(6)書庫内資料の閲覧

・地下書庫へ入庫の際は、カウンターにて学生証(身分証)を提示して下さい。

・節電のため、一部を除き常時消灯しています。

・書架は電動式です。メインスイッチを入れ、次に各書架のスイッチを入れると書架の照明が点灯します。


(7)オンライン・サービス(個人認証機能)について

・図書館ホームページより個人認証機能を利用することができます。これは、図書館をより便利に使うためのパーソナルサービスで、大学生及び大学専任教職員は、以下の機能を利用できます。

- 学外文献複写依頼(大学専任教員が対象)

- 学外図書取寄せ依頼(大学専任教員が対象)

- 貸出更新(貸出期間の延長)

- 予約依頼(大学図書館・MA)

- 学生用図書購入申込み

- 新着通知メール(新着図書・雑誌の通知)

- ブックマーク(検索結果の保存)

ログインID: 学生は情報処理演習室のパソコンにログインするID、パスワード、教職員はGmail(@の前まで)のID、パスワードと同じです。

新任の大学教職員の方は初回のみ図書貸出登録が必要です。

 

図書館利用上の注意


図書館は心静かに学ぶための公共の場所です。落ち着いた雰囲気を守るため、館内では次の点に留意してください。他の利用者への配慮を忘れず、協力して快適な環境を創り出しましょう。

・館内では静粛にしてください(参考閲覧室、グループ閲覧室では会話できます)。

・携帯電話等は電源を切るか、マナーモードにしてから入館してください。なお、館内での通話はご遠慮ください。

・館内での飲食・喫煙(トイレ、ロビーでも)は厳禁です。

・長時間席を離れるときは、閲覧席に荷物を置いたままにしないでください。また、貴重品は必ず携行してください。紛失、盗難等について、図書館は一切責任を負いません。

・ソファーや床に寝ころぶのはやめてください。他の利用者の迷惑となる行為はしないでください。

・図書館資料、備品・設備は大切に扱って下さい。

・省エネルギー、節電にご協力ください。


 静粛で快適な環境作りを館員一同心がけております。皆様のご協力をお願い申し上げます。